転職での職務経歴書で採用担当者を納得させるコツ

明確な数値こそが採用担当者を納得させる!

 

転職をする場合には職務経歴書という書類を提出することが多く、採用担当者はその内容を精査して採用するかどうかを決めていると言えます。

 

職務経歴書の内容は今までの職歴や経歴を詳しく記載した者となるため、採用担当者はその内容から自社にとって必要なじんざいであるかどうかを判断していることになります。

 

職歴を分かりやすく記載することはとても重要となりますし、その職歴の中でどのような成果をあげてきたのかを記載してアピールすることもとても有効な手段だと言えます。

 

しかし記載する内容はあまりにも曖昧で本当に事実であるかどうかが分かりにくいものであった場合には、その内容によって採用担当者を納得させることは難しいと言えるでしょう。

 

職務経歴書に記載する内容は事実に基づいたものであるとともに、数値など明確にその成果が分かるものを記載しておくことが納得させるためには必要不可欠となります。

 

例えば前の職場で企業規模を大きくすることに関与した場合、ただ「企業規模拡大に尽力し成功した」と記載しただけでは説得力に欠ける内容となります。しかし数値を利用して自分がどのような成果をあげてきたのかを記載すれば客観性も増し説得力のある内容となります。

 

例えば「事業拡大に携わり売り上げが20%アップした」とか、「目標売上5000万円のところ、それを上回る7000万円の売り上げを達成できた」といった書き方であれば、明確な数値で説明しているため説得力のある内容となります。

 

数値だけでなくどんな経験やスキルを活かしたのかも重要

転職の際の職務経歴書の内容では、数値を明確に記載すること以外にもどのような経験やスキルを生かし、どういった行動をした結果成果が得られたのかを記載することも必要となります。

 

何故なら数値だけの記載ではどのような経緯でその成果をあげることが出来たのかが分からないため、その成果自体が自分の働きによるものなのか、それとも他者の働きによるものなのかを判断することが出来ません。

 

しかし自分のスキルや経験を活かして、どのような流れの中でその成果をあげることに成功したのかをストーリー仕立てで書くことにより、より一層その内容の信ぴょう性が高くなります。

 

信ぴょう性の高い内容であればあるほど転職の際の採用担当者を納得させることが出来ますので、スムーズな転職活動を行うことも出来るでしょう。

 

それと同時にその成果をあげたことにより何を得たのか、自分自身のスキルがどのようにアップしたのかを記載すれば、それを転職先でも再現することが出来るとアピールすることも出来ますので、さらに採用担当者を納得させやすくなるでしょう。

 

やはり職務経歴書に求められるものは曖昧なものではなく誰が見ても一目で納得できる内容であり、数値により明確化されたものであるほど転職する際には有利な内容となるでしょう。曖昧さが最もダメなものであると理解することが重要です。

 

転職サイトおすすめ一覧を紹介

関連ページ

転職で成功するのに絶対に欠かせない企業研究のポイントとは?
転職で成功したいなら、書類選考に甘く見てはいけない理由とは?
転職するなら知っておきたい、履歴書と職務経歴書の違いとは?
転職の自己分析法:転職するからこそもう一度思い出したい事
転職の自己分析法:自分のキャリアを振り返り強みを見つける方法
転職で成功する自己分析法:優先順位を決めると満足度が高くなる
【転職での要注意】応募書類の使いまわしは厳禁!正しい方法とは?
転職の応募書類で担当者に魅力を伝える2つの効果的な書き方
転職で成功する自己分析法:職務歴の長い人がアピールすべきこと
転職の応募書類でついついやってしまう、致命的な事とは?
転職で応募書類を読んでもらえない、NG6パターン集
転職の履歴書は手書き?それともパソコンが良い?
転職における履歴書の写真の重要性と、どんな写真がいいのか?
転職での履歴書の書き方:趣味・特技覧こそしっかり書くこと
転職での履歴書の書き方ポイント:志望動機はかなり重要
転職での職務経歴書の書き方:冒頭に「○○」を書け!!
転職での職務経歴書は、具体的に書く+○○を書くこと!!
転職での職務経歴書のフォーマットのおすすめとは?
転職で職歴を書くときのポイント
転職で相手企業にマッチした自分の経験・スキルを見つける方法