転職で相手企業にマッチした自分の経験・スキルを見つける方法

転職を有利に進めるためには自分がこれまでに培ってきた経験や得ているスキルを活かせる職場に移動することがベストです。その理由はいうまでもなく、新たな職場で即戦力として働くことができるからです。

 

そのためには自分が今行っている仕事と似通った仕事を行っている職場に転職する必要があります。しかし自分が得ているもの全てを新たな職場で活かすのではなく、これまでの経験や得ているスキルを細かく分けて考えたとき、意外な道が開けることもあります。

 

転職を考えている人は需要と供給についての理解を得ておくべきですが、多くの人材が求められている業界では、自分の経験やスキルを活かすことができないと感じるかもしれません。

 

そのように感じた場合、まずは人材を必要としている業界での仕事内容を分析します。たとえば5W1H、つまり「いつ、どこで、何を、誰に、なぜ、どのように」ということを自問しつつ、仕事の流れを理解します。

 

そして仕事の流れの中で自分の経験やスキルを活かせる場がないかどうかを吟味するようにします。すると「もしかすると」と思える状況が頭に浮かぶことがあるのです。

 

「経験やスキルのマッチ」

たとえばこれまで前職場で上司としてたくさんの部下をまとめてきた人は、周りをケアする能力に長けています。このような人材はどの職場でも重宝されます。求人募集の中には「管理職募集」というものもあり、このような人材に対しては人をケアし、まとめる能力が求められています。

 

そのため企業の行っている事業が畑違いであっても、このような場所で自分の経験やスキルを活かすことができるのです。

 

またインターネットが普及している現在、ウェブデザインの仕事を行っているクリエーターはたくさんいます。そのような人の中にはステップアップを目標として同じ業界に
転職しようと考えている人もいます。

 

しかしそうした業界で長年働いてきた人はデザインのスキルに長けているだけではなく「顧客がどのようなデザインを求めているのか、世間ではどのようなデザインが受け入れられているのか」といった情報に詳しく、顧客のニーズを理解したり、的確なアドバイスを与える力があります。

 

そのためウェブデザインという全く同じ畑で働くのではなく、ウェブディレクターとしての道を選択するもとも可能です。

 

「求人広告に注目」

求人募集広告などを見ていると、必要項目の欄にこれまでの経験やスキルに関しては何も述べていないものが多数存在します。その代わりに「若い社員が多数活躍」とか「向上心のある人募集」といったような文章が掲載されているものがあります。

 

前者から読み取れることは、若者が多く活気のある職場であり、それらの従業員と仲良く仕事を行える人が求められていることです。そして後者に関しては、長続きする人、もしくは仕事を熱心に行える人が求められていることが理解できます。

 

もちろん新たな職場での仕事内容に注目することは必須です。しかしそこでどのような性格の人材が求められているのかにも注目すれば、転職の幅は大きく広がります。

 

転職サイトおすすめ一覧を紹介

関連ページ

転職で成功するのに絶対に欠かせない企業研究のポイントとは?
転職で成功したいなら、書類選考に甘く見てはいけない理由とは?
転職するなら知っておきたい、履歴書と職務経歴書の違いとは?
転職の自己分析法:転職するからこそもう一度思い出したい事
転職の自己分析法:自分のキャリアを振り返り強みを見つける方法
転職で成功する自己分析法:優先順位を決めると満足度が高くなる
【転職での要注意】応募書類の使いまわしは厳禁!正しい方法とは?
転職の応募書類で担当者に魅力を伝える2つの効果的な書き方
転職で成功する自己分析法:職務歴の長い人がアピールすべきこと
転職の応募書類でついついやってしまう、致命的な事とは?
転職で応募書類を読んでもらえない、NG6パターン集
転職の履歴書は手書き?それともパソコンが良い?
転職における履歴書の写真の重要性と、どんな写真がいいのか?
転職での履歴書の書き方:趣味・特技覧こそしっかり書くこと
転職での履歴書の書き方ポイント:志望動機はかなり重要
転職での職務経歴書の書き方:冒頭に「○○」を書け!!
転職での職務経歴書は、具体的に書く+○○を書くこと!!
転職での職務経歴書のフォーマットのおすすめとは?
転職で職歴を書くときのポイント
転職での職務経歴書で採用担当者を納得させるコツ