転職で職歴を書くときのポイント

どの企業も新たに働くことになる従業員に対して、できることならば即戦力として働いてほしいと感じます。またたとえ即戦力となることができなくても、将来的に事業発展に大きく貢献してくれる人材となれるよう、努力する人物を採用したいと感じます。

 

そのため転職希望者がこれまで行ってきた仕事や、得ている資格などは転職の成功に大きく関係してきます。しかしもし履歴書によってこれらを上手に説明できなければ、せっかくのチャンスを棒に振ることになりかねません。

 

履歴書を読んだ面接官を「おっ」と思わせるような仕方で文章を作成し、自分をアピールするべきです。自分が得ている経験やスキル、そして資格を活かせる職場に転職する場合、「どのような会社で」「どれだけの期間」、そして「どんな仕事をしてきたか」を必ず履歴書に書き記す必要があります。

 

ではこれらの基本情報に加え、どのようなことに気をつけて履歴書を作成すればよいのかについて見ていくことにしましょう。

 

「わかりやすく、正確に」

まず気をつけるべき点として、基本情報を曖昧なものとすることがあってはなりません。一つ目の「どのような会社で」という点ですが、ただ会社の名前を述べるよりも、その会社がどのような事業を行っているのかを簡単に説明することができます。

 

また二つ目の「どれだけの期間」についてですが、ここは正直に前職場で働いてきた期間を書き記します。しかし就職前に仕事に役立つ技術を学び、それを活かした仕事に就いていた場合は学歴のところでその点を述べることもできます。

 

また何度か転職している場合でも、同じような仕事内容の職にずっと就いてきたのであれば、その職種での仕事経験をトータルした年数を履歴書内で説明することもできます。

 

転職の回数が多いとマイナス材料となってしまうこともありますが、回数がそれほど多くない場合はある種の仕事内容に精通している人物という印象を与えることができますので、同じような内容の仕事を何年行っているのかを述べるようにします。

 

「仕事内容」

そして三つ目の「どんな仕事をしてきたか」という点ですが、ここは最も重要なポイントとなります。これまで行ってきた仕事の経験が新たな仕事先でも活かせることができるのであれば、採用の確立は高まります。

 

そのためこの点は自分自身をアピールできる最大のポイントです。上手なアピールを行う場合、まずは応募企業が従業員に対して何を求めているかを理解するように努めます。その後、自分が行ってきた仕事の経験やスキルが、そこでどのように役立つのかを示す形でこの点を述べていきます。

 

一見すると前職と応募企業での仕事内容は異なるように思えるものであっても、似ている点があるかもしれません。そのため自分が得ている経験やスキルをどのように活かせるかをよく考慮すれば、プラス材料が見えてくることがあります。

 

「自分は前職でこのようなことを行っていたので、この点が新たな職場で活きると思う」といったような内容を履歴書に書き記すことで、戦力となれることをアピールできます。

 

転職サイトおすすめ一覧を紹介

関連ページ

転職で成功するのに絶対に欠かせない企業研究のポイントとは?
転職で成功したいなら、書類選考に甘く見てはいけない理由とは?
転職するなら知っておきたい、履歴書と職務経歴書の違いとは?
転職の自己分析法:転職するからこそもう一度思い出したい事
転職の自己分析法:自分のキャリアを振り返り強みを見つける方法
転職で成功する自己分析法:優先順位を決めると満足度が高くなる
【転職での要注意】応募書類の使いまわしは厳禁!正しい方法とは?
転職の応募書類で担当者に魅力を伝える2つの効果的な書き方
転職で成功する自己分析法:職務歴の長い人がアピールすべきこと
転職の応募書類でついついやってしまう、致命的な事とは?
転職で応募書類を読んでもらえない、NG6パターン集
転職の履歴書は手書き?それともパソコンが良い?
転職における履歴書の写真の重要性と、どんな写真がいいのか?
転職での履歴書の書き方:趣味・特技覧こそしっかり書くこと
転職での履歴書の書き方ポイント:志望動機はかなり重要
転職での職務経歴書の書き方:冒頭に「○○」を書け!!
転職での職務経歴書は、具体的に書く+○○を書くこと!!
転職での職務経歴書のフォーマットのおすすめとは?
転職で相手企業にマッチした自分の経験・スキルを見つける方法
転職での職務経歴書で採用担当者を納得させるコツ