転職で成功したいなら、書類選考に甘く見てはいけない理由とは?

転職活動で大切なものはもちろん仕事の能力と人柄です。そもそも本来は、そこだけで判断されるべきでしょう。ですがそうもいきません。転職の応募者が殺到する企業では、まず、書類選考でふるいにかけるからです。ですので、この書類選考を甘く見てはいけません。

 

長年会社で働いて仕事に自信を持っている場合、どうも書類選考を甘く見がちです。もちろんその経験、能力、人柄は重要です。ですがそれを「伝える能力」が低くては意味がありません。では、書類選考で、自分の魅力をしっかりと伝えるには、どうすればよいのでしょうか。そのポイントを紹介します。

 

自分の魅力をしっかりと伝えるには

まず日本という国で転職活動をする以上、履歴書は手書きであることが良いとされています。手書きかパソコンかなんて関係ない、能力だ、と思わずに、履歴書は手書きしましょう。その点を重視する採用担当がいる国だということを、忘れてはいけません。

 

そして次に、市販の履歴書に書くといいでしょう。これは採用担当者は、ときには膨大な数の履歴書を見ます。そのため同じ形式の履歴書で来た方が、読みやすいのです。次に、これは当然のことですが、真実をしっかり書きましょう。

 

特に重要な点は、あいまいな情報を書いてはいけないということです。転職で成功するためにはこの辺りもきっちりこなさないといけません。たとえば「およそ」もしくは「約」などを使ってはいけません。

 

そして次に写真です。能力で見てほしい方は、写真にこだわるべきだなんて馬鹿らしく思うかもしれませんが、写真をしっかり見ている採用担当者は、意外にも、かなり多いんですね。

 

ですので、成功のテクニックだと割り切って、そのあたりにも心を配りましょう。また転職で成功できるかどうかの、一番大きなポイントが、アピールです。自分がどんなことをできるのか具体的に描きましょう。

 

転職者の採用担当者は、○○な人材を求めている!

転職者の採用担当者は、基本的に即戦力になる人を求めています。ですので即戦力になることをアピールすると、転職成功率が大きく上がります。まとめますと、手書きで簡潔に、市販の履歴書を使いましょう。

 

そして、志望の動機、特技などを書く欄で、自分が即戦力であることを存分にアピールしましょう。そうすれば必ず転職で成功します。また、希望職種は、しっかりと明記したほうがいいです。

 

何がしたいのかを伝えることも、成功のポイントの一つです。希望勤務地については、あるのなら、しっかり書いておいた方がいいでしょう。ですが、そこまでこだわりがないのであれば、「貴社規定に準ずる」と書きましょう。

 

給料に関しても、「貴社規定に準ずる」と書くのが良いです。能力を過信せず、書類選考はテクニックであるということをしっかり意識して、適当に書かないように注意してください。以上になります。一言で言えば、転職で成功したいなら、決して書類選考を甘く見るな、と言うことになるでしょう。

 

紙で魅力を伝えないといけない、ある意味一番難しい選考過程なのですから。

 

転職サイトのおすすめを紹介

関連ページ

転職で成功するのに絶対に欠かせない企業研究のポイントとは?
転職するなら知っておきたい、履歴書と職務経歴書の違いとは?
転職の自己分析法:転職するからこそもう一度思い出したい事
転職の自己分析法:自分のキャリアを振り返り強みを見つける方法
転職で成功する自己分析法:優先順位を決めると満足度が高くなる
【転職での要注意】応募書類の使いまわしは厳禁!正しい方法とは?
転職の応募書類で担当者に魅力を伝える2つの効果的な書き方
転職で成功する自己分析法:職務歴の長い人がアピールすべきこと
転職の応募書類でついついやってしまう、致命的な事とは?
転職で応募書類を読んでもらえない、NG6パターン集
転職の履歴書は手書き?それともパソコンが良い?
転職における履歴書の写真の重要性と、どんな写真がいいのか?
転職での履歴書の書き方:趣味・特技覧こそしっかり書くこと
転職での履歴書の書き方ポイント:志望動機はかなり重要
転職での職務経歴書の書き方:冒頭に「○○」を書け!!
転職での職務経歴書は、具体的に書く+○○を書くこと!!
転職での職務経歴書のフォーマットのおすすめとは?
転職で職歴を書くときのポイント
転職で相手企業にマッチした自分の経験・スキルを見つける方法
転職での職務経歴書で採用担当者を納得させるコツ