転職するなら知っておきたい、履歴書と職務経歴書の違いとは?

転職する際には転職を希望する企業に対して履歴書の提出をする必要がありますが、その際に別途必要となることが多いのが職務経歴書と呼ばれる書類です。この履歴書と職務経歴書は似ているようでその意味は全く異なるものと言えますので、どちらも非常に重要な意味を持つ書類となります。

 

そのため履歴書の内容だけが良くてもだめですので職務経歴書がどのようなものかを正しく理解して記入をする必要があります。簡単に説明すれば履歴書は今までの学歴や職歴を簡潔に表したものといえ、職務経歴書はその中の職歴だけをさらに掘り下げて詳しく記載したものとなります。

 

職務経歴書に求められるものとは?

転職する際に必要となる職務経歴書が何故重要な意味を持つのかといえば、単なる就職ではなく転職の場合には転職を希望する企業において即戦力となりえるかどうかがとても重要になります。

 

そのため企業側が職務経歴書の提出を求めるのには、職務経歴を確認してその人の今までの職業に関する経歴を見て会社にとって必要なスキルや技術を持っているのかどうか、今までの職歴においてどのような成果を上げているのかを確認するために必要だからです。

 

もし職務経歴書を確認して何のスキルも仕事における成果も挙げていない場合には、企業にとって必要としない人材であると判断されることも考えられますので、職務経歴書の内容で如何に企業に対してアピールできるかが転職が成功するかどうかに直結することになります。

 

履歴書の内容と職務経歴書はリンクさせる必要がある!

転職する際に提出する履歴書にも重要な意味があり、今までの学歴や職歴だけでなくどのような動機でその企業を選んだのかいった志望動機なども重要なポイントとなります。

 

そのため履歴書の内容に関しても手を抜くことなく正確な情報と自分の志望動機やアピールできる資格などを記載する必要がありますが、その際に注意しなければいけないのが職務経歴書の内容と正しくリンクしているかどうかと言うことです。

 

もし履歴書の内容と職務経歴書のないように差異があった場合、それは記載している内容がどちらが正しいものなのかが分かりませんし、場合によっては虚偽記載ではないかといった疑念を生むことにもなります。

 

そうなってしまうと転職にも大きな師匠となることが考えられますので、履歴書と職務経歴書の内容に違いがないようにすることが重要となります。違いを生まないようにするにはまず履歴書に職歴の流れを記載しそれをベースにして職務経歴書の内容を掘り下げて記載していくと両方の書類に違いが生まれず分かりやすい内容となります。

 

その際には出来るだけ簡潔で相手に伝わり易く記載することを念頭において職歴を書いていくと、職歴が相手に伝わりやすくその職歴の中で得たスキルや成果などもアピールすることが出来るでしょう。職務経歴書は詳しく書けばよいというものではなく、見た際にすぐ内容が分かるように書くのがポイントとなります。

 

転職サイトのおすすめを紹介

関連ページ

転職で成功するのに絶対に欠かせない企業研究のポイントとは?
転職で成功したいなら、書類選考に甘く見てはいけない理由とは?
転職の自己分析法:転職するからこそもう一度思い出したい事
転職の自己分析法:自分のキャリアを振り返り強みを見つける方法
転職で成功する自己分析法:優先順位を決めると満足度が高くなる
【転職での要注意】応募書類の使いまわしは厳禁!正しい方法とは?
転職の応募書類で担当者に魅力を伝える2つの効果的な書き方
転職で成功する自己分析法:職務歴の長い人がアピールすべきこと
転職の応募書類でついついやってしまう、致命的な事とは?
転職で応募書類を読んでもらえない、NG6パターン集
転職の履歴書は手書き?それともパソコンが良い?
転職における履歴書の写真の重要性と、どんな写真がいいのか?
転職での履歴書の書き方:趣味・特技覧こそしっかり書くこと
転職での履歴書の書き方ポイント:志望動機はかなり重要
転職での職務経歴書の書き方:冒頭に「○○」を書け!!
転職での職務経歴書は、具体的に書く+○○を書くこと!!
転職での職務経歴書のフォーマットのおすすめとは?
転職で職歴を書くときのポイント
転職で相手企業にマッチした自分の経験・スキルを見つける方法
転職での職務経歴書で採用担当者を納得させるコツ