転職で成功するのに絶対に欠かせない企業研究のポイントとは?

転職でも企業研究は必要不可欠です。転職活動をされている方は、今更企業研究なんて必要ないと思っていませんか?企業研究なんて、企業のホームページをみて、事業内容などを見ておけば十分にできていると思い込んでいませんか?転職活動において、企業研究は非常にウエイトをおくべき作業です。

 

企業研究は転職の近道!

企業研究は、何のために行う必要があると思いますか?それは、行きたい企業のことを知って転職を成功させるため、と答える方が多いのではないでしょうか。しかし、企業研究をした結果、どうやったら転職を成功させることができるのかということを理解しておくことの方が大事です。

 

転職活動では、企業研究・自己分析・自己PR・志望動機などといった作業がありますが、これらは自分がこれから生きて働く姿をいかに明確にしていくか、というところに繋がっています。自分が活き活きと働き未来を描くための情報や知識を、沢山手にしていくために企業研究を行うって転職を成功させる必要があるのです。

 

企業研究を行うことでイメージすることができる!

企業研究をして結果的にどうなっていたらよいのということを、シンプルに考えていったほうが、自分はこれはやる必要がない、自分の場合は寧ろここが不足しているからもっと調べた方がいいと、いったことが見えてきます。

 

そうなると自ずと、気になる企業の社長の著書に目を通したり、どのようにして収益アップに成功したのか、どういった企業と取引をしているのかなどといった有益な情報を得ることができるようになります。

 

そして、企業が、どのような人物を必要としているのか、客観的に理解することができるようになるので、自分に適した企業に的を絞ることもできます。興味がある会社を研究した結果、入社後の自分をイメージすることができます。

 

会社四季報や業界紙などを購入して安心するだけでは駄目なのです。転職後に働くイメージができて、抽象的だけれども少しでも転職活動を発展させ、繋がるということが、企業研究しているという証となり、結果として成功に繋がるのです。

 

インプット・アナライズ・アウトプットすること!

企業研究を行って、興味のある企業について知らないことが出てきたら、面接で聞かれた時に答えられるように知識を付けるための情報を収集して、どんどんインプットしていくことが重要です。

 

企業研究の仕方は、インプット、アナライズ、アウトプットの3つに分けることができます。インプットは、情報を取るということです。気を付けたいのは、情報を取っただけで終わってしまう人が多いということです。そして、アナライズ(分析)によって、各企業の比較を行います。

 

分析した情報は、エクセルなどでまとめておくと後々、役に立ちます。そして、インプットして分析したものをいかにして自分の中に取り込んでいくかが重要となります。
また、企業研究は自力だけでは追い付かない場合もあります。

 

そういった場合は、登録している転職エージェントの担当者に相談して、希望する企業の情報をキャッチしましょう。そうして、企業が求めているスキルや人物像を推察して面接に備えましょう。

 

転職サイトのおすすめを紹介

関連ページ

転職で成功したいなら、書類選考に甘く見てはいけない理由とは?
転職するなら知っておきたい、履歴書と職務経歴書の違いとは?
転職の自己分析法:転職するからこそもう一度思い出したい事
転職の自己分析法:自分のキャリアを振り返り強みを見つける方法
転職で成功する自己分析法:優先順位を決めると満足度が高くなる
【転職での要注意】応募書類の使いまわしは厳禁!正しい方法とは?
転職の応募書類で担当者に魅力を伝える2つの効果的な書き方
転職で成功する自己分析法:職務歴の長い人がアピールすべきこと
転職の応募書類でついついやってしまう、致命的な事とは?
転職で応募書類を読んでもらえない、NG6パターン集
転職の履歴書は手書き?それともパソコンが良い?
転職における履歴書の写真の重要性と、どんな写真がいいのか?
転職での履歴書の書き方:趣味・特技覧こそしっかり書くこと
転職での履歴書の書き方ポイント:志望動機はかなり重要
転職での職務経歴書の書き方:冒頭に「○○」を書け!!
転職での職務経歴書は、具体的に書く+○○を書くこと!!
転職での職務経歴書のフォーマットのおすすめとは?
転職で職歴を書くときのポイント
転職で相手企業にマッチした自分の経験・スキルを見つける方法
転職での職務経歴書で採用担当者を納得させるコツ