転職の自己分析法:自分のキャリアを振り返り強みを見つける方法

他の会社への転職を考えた時、心配することは面接のことが多いのではないでしょうか。企業が転職者を対象に募集をかける主な理由は、人手不足や急な欠員が出た場合が多く、新卒採用と違ってある程度即戦力を求める傾向があります。

 

その為、面接に関しても前職の仕事内容や成果などの質問がかなりの割合を占めます。その為、これまでの経験を踏まえつつ自分の強みをアピールできなければ転職を成功させることは難しいと思われます。

 

その為、事前に自分の強みについて考える自己分析が必要です。そんな転職時に必要な自己分析の方法について解説していきたいと思います。

 

まずは、整理してみよう!

まずは、これまでの社会人経験について起こった出来事、成功体験・失敗体験、仕事内容などを入社から退職までで時系列でまとめていきます。ポイントは、良いことばかりではなく考えられる全ての出来事について書き出していくことです。

 

洗い出しが終わったら、単純にまずは今までやってきた業務内容についてまとめます。これをやる事によって今までの仕事の経験値としての話の種となります。例えば「前職では、主に給与計算や労務管理を行っていた為、それに関する基本業務や関連法規は把握しています」といったアピールができるわけです。

 

成功体験をエピソード付きでまとめよう!

次に、成功体験をエピソード付きでまとめます。これはいわゆる仕事上での自慢話で結構です。今まで行ってきた業務内容の中でこれだけの成果を残しました。転職が決まればそのような働きをすることができますといったアピールになるわけです。

 

例えば、「数々の労務トラブルがあり、その対応をしてきました。時には退職した社員が会社を訴えるような事もありましたが、会社の代表として組合対応等を行い、和解に持ち込むことができました。」といったアピールができます。会社が求めている人物像にはまればかなり効果的です。

 

そして重要なのが失敗の体験です。一見マイナスポイントにしかならないようですが、考え方によってはプラスにアピールが可能です。例えば「入社当初は、確認不足により給与計算に誤りがあり、誤った金額を支給することもありました。

 

それから自分なりに確認方法を工夫し、ミスを無くす努力を常に続けた結果、今では給与計算はもちろん、他のあらゆる業務でミスをすることが無くなりました。」といった具合に、昔はこんな失敗をしたけど、努力して今では改善されましたといった成長する力をアピールすることができるわけです。

 

もともと完璧な人間はいませんので、失敗に対してどのように取り組んだのかを説明できれば必ずプラスなイメージを抱かせることはできるはずです。

 

これらのように、事前に準備をしておけば面接の際に、想定外の質問をされたとしても柔軟に対応することができます。

 

さらに、全ての出来事について、プラスになるようなアピールを考えておけば、仮に失敗談についての質問をされた時もただ失敗した時の説明だけでなく、最後はアピールで終わることもできます。面接をうまく乗り切るにはとにかく事前準備が大切です。

 

転職サイトおすすめ一覧を紹介

関連ページ

転職で成功するのに絶対に欠かせない企業研究のポイントとは?
転職で成功したいなら、書類選考に甘く見てはいけない理由とは?
転職するなら知っておきたい、履歴書と職務経歴書の違いとは?
転職の自己分析法:転職するからこそもう一度思い出したい事
転職で成功する自己分析法:優先順位を決めると満足度が高くなる
【転職での要注意】応募書類の使いまわしは厳禁!正しい方法とは?
転職の応募書類で担当者に魅力を伝える2つの効果的な書き方
転職で成功する自己分析法:職務歴の長い人がアピールすべきこと
転職の応募書類でついついやってしまう、致命的な事とは?
転職で応募書類を読んでもらえない、NG6パターン集
転職の履歴書は手書き?それともパソコンが良い?
転職における履歴書の写真の重要性と、どんな写真がいいのか?
転職での履歴書の書き方:趣味・特技覧こそしっかり書くこと
転職での履歴書の書き方ポイント:志望動機はかなり重要
転職での職務経歴書の書き方:冒頭に「○○」を書け!!
転職での職務経歴書は、具体的に書く+○○を書くこと!!
転職での職務経歴書のフォーマットのおすすめとは?
転職で職歴を書くときのポイント
転職で相手企業にマッチした自分の経験・スキルを見つける方法
転職での職務経歴書で採用担当者を納得させるコツ