職務経歴書・履歴書の書き方

転職では、転職希望先の会社に応募する際に、職務経歴書・履歴書の書き方が必要になります。いわゆる、書類選考になります。そのため、職務経歴書と履歴書で、何を書くかが重要になってきます。職務経歴書・履歴書で上手く、自分をアピールすることができれば、次の面接選考に進むことができます。職務経歴書・履歴書で自分をアピールできなければ、いつまで経っても転職することはできません。
そこで、このカテゴリでは、職務経歴書・履歴書の書き方について解説します。

職務経歴書・履歴書の書き方記事一覧

転職でも企業研究は必要不可欠です。転職活動をされている方は、今更企業研究なんて必要ないと思っていませんか?企業研究なんて、企業のホームページをみて、事業内容などを見ておけば十分にできていると思い込んでいませんか?転職活動において、企業研究は非常にウエイトをおくべき作業です。企業研究は転職の近道!企業研究は、何のために行う必要があると思いますか?それは、行きたい企業のことを知って転職を成功させるため...

転職活動で大切なものはもちろん仕事の能力と人柄です。そもそも本来は、そこだけで判断されるべきでしょう。ですがそうもいきません。転職の応募者が殺到する企業では、まず、書類選考でふるいにかけるからです。ですので、この書類選考を甘く見てはいけません。長年会社で働いて仕事に自信を持っている場合、どうも書類選考を甘く見がちです。もちろんその経験、能力、人柄は重要です。ですがそれを「伝える能力」が低くては意味...

転職する際には転職を希望する企業に対して履歴書の提出をする必要がありますが、その際に別途必要となることが多いのが職務経歴書と呼ばれる書類です。この履歴書と職務経歴書は似ているようでその意味は全く異なるものと言えますので、どちらも非常に重要な意味を持つ書類となります。そのため履歴書の内容だけが良くてもだめですので職務経歴書がどのようなものかを正しく理解して記入をする必要があります。簡単に説明すれば履...

転職をする上で、新卒の時のような自己分析をもう一度行っている人はどのくらいいるのでしょうか。働きながらだと時間もないですし、自分がやりたい仕事よりも勤務条件や内定が取れそうかどうかを気にしてしまうところですね。それでも今後毎日通う会社を決めるために、もう一度自分がどんなどころで働きたいのかもう一度自己分析をしてみましょう。転職するなら夢を持って挑みたいまずは新卒時の就職活動を思い出してみて下さい。...

他の会社への転職を考えた時、心配することは面接のことが多いのではないでしょうか。企業が転職者を対象に募集をかける主な理由は、人手不足や急な欠員が出た場合が多く、新卒採用と違ってある程度即戦力を求める傾向があります。その為、面接に関しても前職の仕事内容や成果などの質問がかなりの割合を占めます。その為、これまでの経験を踏まえつつ自分の強みをアピールできなければ転職を成功させることは難しいと思われます。...

転職で成功するにはいくつかの方法がある訳ですが、大切なのものの1つに自己分析が挙げられます。では具体的に何が大事なのかというと、優先順位を決めておくのです。転職を成功させるということに集中してしまいそうですが、企業に対して何を重視するのか自分で分かっておくことによって、自分にとって大切なことを見失わなくなります。よって、満足度の高い転職が可能になるのです。給与について最初は、給与についてです。ここ...

応募書類の使いまわしは絶対すべきではありません。なぜなら応募書類は、その企業に合わせて作らないといけないからです。実は志望動機も自己PRも、企業が変わればプラス評価になったりマイナス評価になったりするんです。場合によっては、趣味・特技がプラス評価に変わるマイナス評価に変わるということもあります。志望動機はまだしも、自己PRはいいんじゃないの? と考える人がいるかもしれません。駄目です。履歴書自体を...

採用担当者のもとには、転職希望者から膨大な枚数の履歴書が届きます。つまり一枚の紙からいちいち人物をイメージする作業を、何百回と行うということです。そのため、あまりイメージが浮かばない場合、その転職希望者の履歴書は候補から外されてしまいます。ですので転職でまず大切なのは、くっきりとしたイメージを採用担当者の頭に浮かばせることです。それには@数字を使うA事例を挙げるの二つのテクニックが必要です。この二...

一口に転職と言っても、端的に言えば相手企業がどのような人材を求めているのかにより、成功への道筋も変わってきます。また、かつて我が国は終身雇用が常識だったため、一度就職したら定年まで同じ所で働くのが当たり前でしたが、近年は転職を繰り返す事で自分自身のスキルアップを果たしている人とて珍しくありませんし、そのようなワーキングスタイルも容認されるようになりました。どのような経歴かによって転職の戦略も変わる...

転職応募の際には書類の内容の一致が重要です。転職活動を行う場合には企業に対して応募書類となる履歴書などを提出することになりますが、その際に書類の内容が一致していないということは致命的なミスとなってしまいます。転職の際に企業に提出することになる書類には履歴書だけでなく職務経歴書といった転職時にしか使用しないような書類も必要になる場合があります。その際、履歴書にも職務経歴書にも志望動機などを記載するこ...

転職をする際は必ず応募書類を読んでもらうわけですが、読んでもらえないことだって残念ながらあります。その理由は色々ありますが、ここでは6つほど挙げさせてもらいます。NGパターン@:空欄が目立つ1つ目は、空欄が目立つことです。書類を見て、こんなに埋めるのかと思う人もいるかもしれませんが、埋めなければ話になりません。埋めなかったらどうなるかというと空欄ができるわけで、空欄ができてしまうと転職にやる気がな...

転職する際の履歴書は手書き?パソコン?転職を考える場合には履歴書の提出が求められますが、この履歴書の作成で悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか。履歴書を作成する場合には昔ながらの手書きでの作成方法とパソコンを利用した作成方法があり、それぞれにメリットとデメリットがありますし企業によっては手書きでないとダメ、パソコンでの作成でないとダメと言った指定がある場合もあります。その為手書きとパソコン...

転職には書類が必須ですが、その書類には自分の写真が必須です。写真を貼らない書類もあるでしょうが、1度も貼らないということは無いでしょう。ですが、写真というのを甘く見ている人も多いかもしれません。なんとなくあるのを貼ればいいやと思っている人は、案外多いのではないでしょうか。そのなんとなくというのが、転職の成功と失敗を左右する可能性があります。採用担当者によっては、書類を隅から隅までちゃんと読む人もい...

転職で作らなければいけない履歴書には、趣味特技欄があります。ここは重視されていないように思われますが、実は結構重要視されているものであり、書かれている内容によってはマイナス材料が増えてしまいます。イメージを悪くするような記載はしないように、そして良い人だと思われるような記述をしなければなりません。マイナスとなる趣味や特技は記載してはならない、マイナスとなる趣味や特技が当然存在します。まずアダルト関...

転職活動において大切なことは書類の書き方と面接の対応の仕方です。その中でも、履歴書・職務経歴書が採用担当者の目に留まらないと、その会社への転職活動はストップしてしまいます。履歴書の中でも採用担当者が注目する箇所は、志望動機です。志望動機の内容がきちんと書かれていないと、応募への意欲が薄いと思われてしまいます。また、他の応募者との差がつけやすい箇所も志望動機です。採用担当者の目に留まるような志望動機...

転職活動にとって職務経歴書は、面接を有利に進めるためのツールです。書類は、2〜3分とはいっても最初に面接官が目を通して面接に臨むものです。面接官が職務をを見て、「この人何か良さそう」、「経験もあるし、実際に活躍してくれそう」だと思って面接がスタートします。例え面接での受けが良くなかったとしても、職務経歴書が良ければ、勝手に広い上げてくれて可能性も広がるのです。転職活動では、職務経歴書に今までの実績...

新たな職に就くために履歴書を作成することは意外と難しいものです。単調に書いてしまえば素っ気ないものとなり、アピールに欠けるものとなりがちです。しかしあまりに細かく書いてしまうのであれば、逆にポイントを掴みにくいものとなり、アピールポイントがぼやけてしまいます。履歴書を見る面接官が注意するポイントは、転職希望者がこの企業にとって戦力となれるかどうかです。そのためこれまでの仕事経験や得ているスキルなど...

職務経歴書のフォーマットの違いを理解しよう!転職する際に応募企業に提出する書類には、職務経歴書という特別な書類があります。この職務経歴書は転職するまでの職歴を事細かに記載した書類で、いわば職歴だけに特化した履歴書と言ったものと言えます。企業側はこの職務経歴書の内容を見てどのような職歴の持ち主であるか、自社に採用するに値する人材であるかを判断することになります。その為職務経歴書はとても重要な書類であ...

どの企業も新たに働くことになる従業員に対して、できることならば即戦力として働いてほしいと感じます。またたとえ即戦力となることができなくても、将来的に事業発展に大きく貢献してくれる人材となれるよう、努力する人物を採用したいと感じます。そのため転職希望者がこれまで行ってきた仕事や、得ている資格などは転職の成功に大きく関係してきます。しかしもし履歴書によってこれらを上手に説明できなければ、せっかくのチャ...

転職を有利に進めるためには自分がこれまでに培ってきた経験や得ているスキルを活かせる職場に移動することがベストです。その理由はいうまでもなく、新たな職場で即戦力として働くことができるからです。そのためには自分が今行っている仕事と似通った仕事を行っている職場に転職する必要があります。しかし自分が得ているもの全てを新たな職場で活かすのではなく、これまでの経験や得ているスキルを細かく分けて考えたとき、意外...

明確な数値こそが採用担当者を納得させる!転職をする場合には職務経歴書という書類を提出することが多く、採用担当者はその内容を精査して採用するかどうかを決めていると言えます。職務経歴書の内容は今までの職歴や経歴を詳しく記載した者となるため、採用担当者はその内容から自社にとって必要なじんざいであるかどうかを判断していることになります。職歴を分かりやすく記載することはとても重要となりますし、その職歴の中で...